未分類

これから仮想通貨、とくにビットコイン買うぞ!でもいくら必要?証券会社で買えるの?

投稿日:

最近のビットコインの値下がり、すごいですよね。
でも、実際に周囲に売買している人、ほとんどいませんよね。
今が安くなったから少しだけ買いたいとはおもっていもで暗号化技術がどうの、ブロックチェーンがどうのとかって、PCの知識に詳しくない人は持てない、そう思っている人も多いみたいですね。
ですが、実際は、株よりも簡単にかえるんですよ。

しかも、1ビットコインが2018年12月現在、40万円を越えていますが、50万円の入金が即必要かといえば、そんなことないんです。
下のランキングでも紹介していますが、ビットフライヤーなら、最低単位で、しかも、クレジットカードでの購入も可能なんです。
こういう口座開設って、必要書類をおくったり、銀行口座をとろくしたり、で、口座開設が終わったと思ったら、今度は入金が必要ってな訳で、どんどん最初のやる気がうせていっちゃったりもするんですが、ビットフライヤーなら、ネットで口座開設が完結し、クレジットカードでビットコインを購入することもできるので、日中、銀行で長蛇の列にならんで、入金する必要ないんです。いま、この場で口座開設して、そのまま24時間市場は空いているから、カードで購入することが可能なんです。とっても便利ですよね。

ってことで初心者が使いやすいビットコインの取引所ベスト4です。

ビットコイン取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)
みんなのビットコイン
GMOコイン株式会社
QUOINE株式会社

ビットフライヤーについては、現状、取引シェアNO.1であること。
みんなのビットコイン、GMOコイン株式会社については経営母体の信用力
QUOINE(コインエクスチェンジ)株式会社については、通貨ペアの多様性が決めてとなっています。
とくに、これから、ビットコインなど仮想通貨は国ごとによって、需給が異なってくる可能性もあります、
たとえば、フィリピンの人がフィリピンペソに対してヘッジとしてビットコインを多く求めれば、当然、価格はあがります。
その際に日本円とフィリピンペソの交換比率がかわるとはかぎりません。であればフィリピンペソでビットコインを持ったほうが良いわけです。
これがビットコインではなく、米ドルであれば、対フィリピンペソでドルの価値が上がれば、円とフィリピンペソの関係も、ほぼ瞬時に調整されます。
こういった調整がはたらかないのが、仮想通貨の仮想であるゆえんというか、認知度が途上にあるビットコインならでは、だと思います。

株や投資信託と異なるのが、取引所に口座を開くという形式をっていること。
証券会社に口座を持っている人はわかるとおもいますが、我々投資家が株を購入するには証券会社に口座開設して、
その証券会社に手数料を払って株式の売買をお願いすると言う形をとります。それぞれの証券会社からの注文が反映されるのが東京証券取引所。
すべての証券会社が取引所に注文をつなげているわけですから、実質的に、独占企業でもあるわけです。

ところが、ビットコインの場合は、東京証券取引所のようなすべての注文を集めて売り買い注文をつきあわせる市場はありません。
あくまで、売りたい、買いたいの個人や、市場に流動性を手依拠してくれるマーケットメイカー(カバー先と呼びます)とつなぐことで私たちの売りたい、買いたいが執行されます。
だから、証券会社と異なり、ビットコインの取引所は各取引所(会社組織です。)毎の差が出やすいですし、セキュリティに対する考え方も違ってきます。そうはいっても時間がたつにつれ、これから大手資本もどんどん参入してくるでしょうし、海外のカバー先もいろんな会社とつなげることで売り買いの価格の開きをなるべく狭くしようという動きになるでしょうから、長い目でみれば、今のネット証券のように各社間の差はほとんどなくなるでしょう。

ですが、今は、ビットコインはスタートしたばかりです。いろんな企業で買い物につかえます、なんてどうでもいいサービスはすぐに淘汰されると思います。
究極的には、株や債券、不動産などの日本と言う土地にしばられた資産にたいするヘッジ資産として、投資家層に浸透して郁子のではないかと思います。
ですから、いま、ビットコインで何?ブロックチェーンについて書かれた本を読んだけど、ビットコインの買い方がわかんないんだけど!という今こそが絶好の買い時の可能性があります。

-未分類

Copyright© タコ助の仮想通貨投資でマンションを買うぞ|仮想通貨 証拠金取引 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.